結婚相談所のメリットとデメリットを徹底解説

結婚相談所に向いている人を「メリット・デメリット」から導き出す

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

結婚相談所のメリットとデメリット

 

婚活サービスには結婚相談所・婚活サイト・婚活パーティーと大きく3種類のサービスが存在します。

 

この中でどれが良い、悪いというのはなく、自分の適性にあった種類を選択することで、より効果的にサービスを使いこなせるというわけです。

 

このページでは、結婚相談所のメリット・デメリットを説明し、どのような人に向いているのか、または向いていないのかも併せてお伝えしていきます。

 

最適な婚活サービス選びに、ぜひお役立てください。

 

結婚相談所5つのメリット

結婚相談所のメリット

 

まずは、結婚相談所を利用するにあたってのメリットを5つご紹介いたします。

 

経験豊富なスタッフが成婚までサポート

婚活サイトや婚活パーティーは出会いの場だけを提供するサービスです。

 

婚活サイトはマッチングによるメール交換、婚活パーティーはカップリング成立までが基本的なサポート範囲になります。

 

よって、それから先は自助努力になるわけです。

 

一方結婚相談所はスタッフ(アドバイザーやコンシュルジュなど各社で呼び名が異なります)が成婚までサポートをしてくれます。

 

ちなみに成婚とは、「結婚が成立する」ことを意味します。

 

特に今まで恋愛経験が少なく、「デートで何を話したら良いかわからない」というような方は、スタッフがアドバイスをしてくれるのでとても心強いでしょう。

 

また、交際から成婚まで仕組み化されているので「プロポーズはいつすれば良いのか」といった悩みを持つ必要もありません。

 

多くの人々を結婚させてきた「その道のプロ」がしっかり支えてくれるというのは、やはり大きいです。

 

真剣に結婚を希望している人と出会える

デメリットの欄でもお伝えしますが、結婚相談所に入会するのは、他の種類のサービスに比べてハードルが高めです。

 

独身証明書など各種証明書を用意しなければいけませんし、利用料金もそれなりにかかります。

 

にもかかわらず入会して利用している会員というのは、それだけ真剣に結婚を強く願っているという証拠でもあるのです。

 

遊び目的や冷やかし程度であれば、わざわざ手間やお金をかけてまで入会する必要はありませんね。そのような層は、より手軽に入会出来る婚活サイトや婚活パーティーへ流れます。

 

よって、結婚相談所で出会うお相手は、自分と同じ位のモチベーションで結婚と向き合っているというわけです。

 

身元がしっかりしている人とのみ出会える

お伝えしたように、結婚相談所に入会するには、各種証明書を提出する必要があります。

 

必要書類は会社によって、多少は異なりますが、概ね以下の書類を提出することになります。

 

  • 身分証明書(住民票や免許証、パスポート等公的機関発行の身分証明書)
  • 独身証明書
  • 学歴証明書(卒業証書や卒業証明書)
  • 収入証明書(源泉徴収票や確定申告書)
  • 在職証明書
  • 資格証明書

 

独身証明書などは、出生した役所に依頼する必要があり、確かに手間がかかります。

 

しかしながらお会いする相手がプロフィールを詐称していないという点は、大きな安心感につながるのです。

 

対して婚活サイトと婚活パーティーで必須となっているのは、身分証明書のみ。いくらでも詐称できてしまう環境にあるわけです。

 

そのためこの2つのサービスの利用者は、「お付き合いしてみたら既婚者だった」なんてトラブルが実際に起こります。

 

結婚相談所はこの点において、「手間がかかる分、安心・安全を担保している」ということがいえます。

 

相手がどのような人物かプロフィール情報がわかる

婚活サービスを利用しないで婚活を行うとなると、友達に紹介してもらったり、合コンに参加してみるといった方法が挙げられます。

 

このような場合は直感で、どのような相手なのかを見極めなければいけません。

 

そしてもちろん直感が正しければ問題ないのですが、往々にして直感が間違っているということもあるわけです。

 

対して結婚相談所を利用すると、相手のプロフィールを確認することができます。さらに、各種証明書を提出しているため、プロフィールを詐称しているということもないわけです。

 

結婚相談所では相手のスペックや顔写真から総合的に判断して、相手を選ぶことが出来ます。

 

結婚は恋愛とは異なり、「好き」という感情だけではなかなかうまくはいきません。

 

相手が置かれている環境を確認することで、一緒に歩んでいくことが出来る人かどうかを冷静に判断することが可能になります。

 

成婚までのスピードが早い

国立社会保障・人口問題研究所による、出生動向基本調査(2015年)によると、出会ってから結婚するまでの平均交際期間は、4.3年となっています。

 

一方、結婚相談所の場合、成婚退会する人の大部分は入会から1年以内で成婚に至っています。

 

大手結婚相談所のツヴァイに至っては入会後、成婚までの最も多い期間が4か月ほど。

 

つまりはスピード婚が可能というわけですね。

 

元々結婚相談所の多くは、1年以内に成婚が実現するようにスケジュールを組んでいます。

 

また身元がしっかりしており結婚願望が強い人と出会えるので、相性さえ良ければとんとん拍子で結婚に至るケースが多いのです。

結婚相談所5つのデメリット

結婚相談所のデメリット

 

それでは次に、結婚相談所を利用することで想定されるデメリットを取り上げます。

 

ただし最近は従来のデメリットとされていた要素を解消したサービスも誕生しています。この点については特筆事項として、追記しています。

 

利用料金が比較的高い

結婚相談所で婚活を行うと、婚活サイトや婚活パーティーに比べて、料金がかかります。

 

おおよそでいえば、婚活サイトであれば年間3万円程度の利用料(女性が無料のサービスも多いです)、婚活パーティーであれば1回の参加に数千円が相場です。

 

一方結婚相談所でいえば年間30万円程度が相場となります。

 

店舗を持つことによる土地代・建物代、さらにはスタッフを雇う人件費など結婚相談所の運営にはそれなりにコストがかかるので、そのコストが料金に反映される形となっています。

 

少なくない金額を払っているからこそ、結婚相談所を利用している会員は、真剣にお相手探しをしているともいえます。

 

リーズナブルな価格の結婚相談所も登場してきました

「結婚相談所=高い」というイメージが従来はありましたが、近年はこのイメージを壊す結婚相談所も誕生しています。

 

たとえばゼクシィ縁結びカウンター。結婚式情報の「ゼクシィ」が手掛けた結婚相談所です。

 

ゼクシィ縁結びカウンターのコンセプトは、「手頃なシンプル価格で明るくオープンな店づくり」。今まで結婚相談所を敬遠していた人に積極的に利用してもらおうという意図があります。

 

元々あったゼクシィ店舗を活用することで、土地・建物代をコストカット。気になる料金は、年換算で138,000円(税別)から利用出来るようになっています。

 

もうひとつは、厳密にいえば婚活サイトの部類になるのですが、エン婚活

 

転職サイトで有名なエンジャパンが手掛けたサービスなのですが、コンセプトは「オンライン結婚相談所」

 

結婚相談所大手のパートナーエージェントと提携し、インターネット上でコンシュルジュのサポートを受けられるようにしたのです。

 

会員もパートナーエージェントの会員を共有し、身元のしっかりした、結婚に熱意がある人と出会えます。

 

エン婚活の料金は、年換算で151,400円(税別)となっています。

 

「結婚相談所を利用したいけれど、お金がネックになっている」という方はこの2つのサービスの利用を検討してみてください。

 

参考記事

 

入会手続きが手間で面倒

メリットの箇所でも書きましたが、入会には各種証明書を提出する必要があります。証明書の発行手続きが少々面倒ですね。

 

特に大変なのは、独身証明書卒業証明書

 

私も入会していた経験があるのですが、独身証明書は実家の役所、卒業証明書は出身大学まで行って発行しました。

 

あまりにも住んでいる場所から遠い場合は、郵送をお願いすれば良いですが、1日くらい時間を空けて各種必要書類を集めることになります。

 

会員数が比較的少ない

たとえば最大級の婚活サイトであるペアーズは累計会員が570万人を突破しています。その他の婚活サイトでも会員数100万超えのサービスは珍しくはありません。

 

しかし結婚相談所の場合、最大手のオーネットでも約4.6万人。1,400社以上もの結婚相談所を束ねているIBJのネットワークでも、約6万人となっています。

 

もちろん、お相手を探すのには十分な会員数といえるのですが、他の種類のサービスに比べると、「量よりも質で勝負」していることになりますね。

 

わざわざ店舗まで行かなければならない

スタッフとの相談やアドバイスをもらう場合は、最寄りの店舗に行くのが基本です(電話やメールで済ます場合もあります)。

 

婚活サイトであればパソコンやスマホからいつでもどこでも利用出来るわけですが、結婚相談所においてスタッフから的確なアドバイスをもらうには、やはり対面が一番というわけです。

 

少なくとも入会時は来店が必須であり、成婚退会をする際もスタッフに挨拶に行くのが普通です。

 

よって、やや煩わしさを感じるかもしれません。

 

そのような方は、先述したオンライン結婚相談所をコンセプトにしているエン婚活の利用がおすすめです。

 

会社やスタッフによってサポートの質が異なる

仕方がない面もありますが、どんなにシステムが立派でも、スタッフの接客レベルが低いと十分なサービスを受けられない場合があります。

 

また、評判が良いと思って入会した結婚相談所でも、担当になったスタッフとの相性が合わない可能性もあります。

 

対策としては、気になる結婚相談所があったら既に利用している人の口コミ情報をしっかりチェックすること(当サイトでも掲載しています)。

 

そして、万が一相性が合わないスタッフが担当になったら、担当代えをお願いするというのも一つの方法です。

 

サービスレベルの良し悪し以前に、相性が合う・合わないという側面もあります。

 

よって、入会される場合は、複数の会社の説明会に参加して、比較検討すると良いでしょう。

【まとめ】向いている人・向いていない人

結婚相談所のメリット・デメリットを踏まえ、最後に「向いている人」「向いていない人」を挙げさせて頂きます。

 

結婚相談所に向いている人

  • 異性との恋愛経験が少なく、結婚までしっかりサポートして欲しい人
  • 身元の確認が取れている人と安心して出会いたい人
  • 真剣に結婚を考えている人と出会いたい人

 

結婚相談所に向いていない人

  • 出会いの場さえあれば、後は自分でどんどん進められる人
  • 自分のプロフィールに自信がない人
  • お金をかけずに婚活をすませたい人

 

結婚相談所は、コストはかかりますが、その分安心・安全性が担保されています。

 

システム的にも、お金に見合うだけの価値を提供しているというわけです。

 

やはり結婚相談所に最適な人は、いままで恋愛経験が少なく、あまり異性とのコミュニケーションに慣れていない人です。

 

そのような人にとって、最後までスタッフがサポートしてくれるのは非常に大きいです。

 

経験豊富なプロの方のアドバイスや相談を受けながら、結婚に辿り着きたいという方は、是非結婚相談所の利用を検討してみてください。

 

よく読まれているページ

 

結婚相談所ランキングベスト10

→おすすめの結婚相談所を厳選し、ランキング形式で紹介しています。

 

都道府県別おすすめ結婚相談所一覧

→エリア別におすすめの結婚相談所をリストアップしています。

 

調査した婚活サービス全リスト

→70以上の婚活サービスをリストアップしています。他もチェックしたい方はこちら。

 

関連ページ

 

婚活サイトのメリット・デメリット

→婚活サイトの良い点・悪い点、向いている人を紹介しています。

 

婚活パーティーのメリット・デメリット

→婚活パーティーの良い点・悪い点、向いている人を紹介しています。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【毎月1日更新】先月の利用者数総合ランキング

ユーブライド 当サイト管理人が成婚!+31日間無料キャンペーン
ユーブライドのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】27,840円(税込)※無料会員のまま成婚も可
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

1999年開始の老舗で累計会員数は110万人を突破。東証一部上場企業ミクシィのグループ会社が運営。
新規会員ほど出会いの機会が優遇される仕組み。成婚者の約6割が3ヶ月以内に退会しています。当サイト管理人も2か月半で運命の相手と出会いました。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

マリッシュ 再婚者やシンママも歓迎。幅広い層が利用
マリッシュのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,880円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

ペアーズのように「いいね!」を送ってマッチング。マッチング型は若い人の利用が中心ですが、マリッシュは再婚を応援したり、「バツあり」優遇策を実施。そのため、幅広い年代層の利用者がいます。
また、初婚の方でも再婚希望者に理解のある方が多いです。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

楽天オーネット 相談所単体で最大の会員数を誇る老舗
楽天オーネットのLP 【種類】結婚相談所
【年間料金目安】294,624円(税込)
【ご利用エリア】全国
【年齢】20歳以上

 

1989年に誕生した老舗で、楽天グループが運営。会員数は45,000人以上で、結婚相談所単体として業界最大規模。
紹介書やイントロGなど、5つのスタイルでお相手と出会えます。同じアドバイザーが成婚まで一貫サポートします。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

パーティーパーティーIBJが手掛ける婚活パーティー
パーティーパーティーのLP 【種類】婚活・お見合いパーティー
【参加料金目安】女性:1,500〜8,400円 男性:4,500〜10,300円
【ご利用エリア】東北・関東・甲信越・東海・関西・中国・九州
【年齢】企画毎に異なる

 

国内最大の結婚相談所ネットワークを持つ、東証一部上場企業のIBJが運営。クオリティの高いパーティー運営を目指し、月間参加者4,500人以上・平均カップリング率45%の実績。
3つの割引制度に加え、業界初となる「全額返金保証」が評判です。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

ペアーズ 圧倒的会員数の国内最大級サイト
ペアーズのLP 【種類】婚活サイト
【年間料金最安値】17,760円(税込)※女性は無料
【ご利用エリア】利用地域の制限なし
【年齢】18歳以上

 

「いいね!」送信によるマッチングスタイルの元祖。2012年11月のサービス開始以来、またたく間に会員が増え、遂に累計570万人を突破しました。
シンプルな仕組みながら、フェイスブックアカウントを使った安全性の高いサイト。20代・30代の独身者から圧倒的な支持を得ています。

詳細ページへのボタン
公式ページへのボタン

82の婚活サービスから目的にあわせたおススメのサービスをご紹介